ソウルドアウト、「モノづくり」及び「販路拡大」の支援事業開始

ソウルドアウト、「モノづくり」及び「販路拡大」の支援事業開始

PRESS RELEASE
平成 25年 12月 25日

ソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荻原 猛、以下ソウルドアウト)は、中小・ベンチャー企業の「モノづくり」及び「販路拡大」の支援事業を開始しました。
東京の町工場との取り組みを皮切りに、2014年より本格的に全国の地域企業の皆様にご支援を提供してまいります。

ソウルドアウトは、中小・ベンチャー企業専業でマーケティング支援事業を中心に、主にビジネス商流の中の「川中、川下」の支援を行なって参りましたが、「川上」部分に当たる「製品開発、MD(マーチャンダイジング)等のモノづくり支援、とりわけ自社製品開発のサポート」についても、中小企業と経営者にご提供し、事業の継続・発展に寄与して参ります。

【特徴】
①製品開発後の「出口」である、販路拡大まで含めてサポート。
②弊社独自のネットワークによる、信頼できるデザイナーやクリエイターとの協業。
③中小企業が導入しやすい、リスクを低減したリーズナブルな料金体系。

■第一弾として、町工場の自社製品開発をサポート
取り組みの第一弾として、東京都足立区の町工場 2社の自社製品開発をサポートしております。
<第一弾 お取り組み先企業>
・ 岩城工業株式会社(東京都足立区・梅田)
・ 三祐医科工業株式会社(東京都足立区・六木)

【当サービス提供の背景】
国内製造業の空洞化などに見られる、産業構造と時代の変化の影響から、国内の中小・ベンチャー企業、取り分けメーカーにとって、「自社商品の開発」と「新規販路の確保」は非常に重要になってきています。世界に誇る素晴らしい技術を持ちながら、自社製品、特に消費者向け製品の開発と流通にノウハウの少ない中小メーカーに対し、これまで培われたメーカーの技術を最大限に活かし、デザイナーやクリエイターの感性を取り入れた、モノづくりのサポートを致します。

[本件に関するお問い合わせ先]
ソウルドアウト株式会社 MD・デザイン支援部 山縣(ヤマガタ)
TEL)03-5745-3977 FAX)03-5745-3980
Email)info@sold-out.co.jp

PDFのダウンロードはこちら:20131225_monodukuri.pdf