Proud of Members(2)

その他
2019.01.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、250名を超えるソウルドアウトグループ。各領域の部門長から "今年最も活躍・成長した人" そして "さらなる活躍・成長を期待できる人" を推薦いただきました!

年齢・性別問わず、活躍も成長もできる。
年齢・性別問わず、活躍も成長し続けている人が評価される。

そんな文化をこれからも継続すべく、そしてその成長・活躍がお客様の売上貢献に寄与できるよう、これからも社員一丸となって進んでまいります。

 

※2018年12月末時点の部署名で表記。

高比良 僚亮(Ryosuke Takahira)

WEBマーケティングサービス本部 コンサルティング2部

2018年は、営業部から現在のコンサルティング部に異動して2年目となる年でした。1年目と比べると、徐々に仕事の進め方も分かってきたため、何に照準を合わせ、自分の強みとしていくかを考えながら、主に以下の2点に取り組んでまいりました。1点目が、新規のお客様への提案支援を通じ、プロモーションを設計する力を身につけること。そしてもう1点が、媒体の最新機能を積極的に取り入れ、社内で先行して事例を発信していくことです。2019年は、組織的にも大きな拡大の年になりますので、より広い視野を持って、情報発信や教育などの面で組織に貢献できる人材になります!

 

上長から一言

2016年に第2新卒として未経験で入社して約2年。半年間は運用型広告のコンサルタント、その後約半年間は営業、そしてまたコンサルタントとしてコンサルティング部に戻るという激動の日々。常に10社近くのお客様を担当しながら、タイトな日程の新規提案支援を一手に引き受け、新規のお客様の成果向上に大きく貢献しました。2018年度からGoogleの媒体担当も引き受け、Googleに関する知見は社内随一を誇ります。基本的に「No」と言わない&仕事を選ばず何でも挑む精神で急成長中。

菊地 秀敏(WEBマーケティングサービス本部 本部長)

内村 のぞみ(Nozomi Uchimura)

経営統括本部 経理部

推薦いただきありがとうございます。2018年は、ソウルドアウトグループ全体で決算の早期化を行い、スピードや効率化が重視された1年でした。それにより、何か問題が起きた時の解決策を自身で導き出す力が身についたと思います。ソウルドアウトに経理部が新設されて2019年4月で丸3年が経ちます。同時に、私の経理歴も4年目に入ります。経理はとても地味な業務も多く、表舞台に立つことはあまりありませんが、いつも助けていただく皆様に感謝の気持ちを忘れずに新しいことにもチャレンジし、真の"経理ウーマン"になれるよう引き続き楽しみながら頑張ります!

 

上長から一言

物事への気付きや発言が、すっかり"経理ウーマン"らしくなりました。それまで、どちらかと言うと指示を受けたことに対して対応することが中心でしたが、今では、色々な課題を自ら拾って迅速に対応してくれます。連結子会社のサーチライフ、テクロコ2社の経理業務を一手に引き受け、それぞれの会社の課題も積極的に解決中です。この先、さらにソウルドアウトグループにとって欠かせない"経理ウーマン"としてのさらなる活躍が期待されます!

半田 晴彦(執行役員)

中元 さやか(Sayaka Nakamoto)

BS本部付

1年前、クラシファイドからの転籍によりゼロからのスタートを切った中、不動産領域における従前業務の安定稼働をファーストミッションに、サーチライフのセールスフォース導入支援、RPA、管理会計プロジェクトなど、様々なことに挑戦できた1年でした。多くのチャンスと機会を与えてもらえたことにとても感謝しています。デジタルシフトの加速で、ネット業界は今後さらに多様性と生産性を求められるようになってきています。その中で、自分自身も常に課題に向き合い、解決へと進歩・成長していかなければなりません。まだまだ挑戦も道半ばですが、来期はそれらを少しでも成果として還元していけるよう、8 SOULsの「挑むことは、進歩。」を体現してまいります。

 

上長から一言

従前業務の事業サイドのレポート作成業務のサポートをそつなくこなしてくれています。加えて、連結子会社のサーチライフでは、営業支援・顧客管理ツールである「セールスフォース」導入における企画設計の実行、また、下期からは管理会計領域のサポートに関しても、自ら手を挙げスタートしました。自身の強みを生かしながら着実に活躍領域を広げ、多くの部門から頼られる存在になりつつあります。今後の彼女の成長がますます楽しみになっています。

本田 宗寛(上席執行役員)

堤 公太(Kota Tsutsumi)

株式会社テクロコ R&D部

2018年は会社の体制が変わり、どの情報を誰が持っているのか、誰も何もわかってない状態からスタートしました。そこで最古参の私が、色々と情報を整理し共有する役割となり、それで1年が終わったという印象もあります。今年もテクロコの社員がどんどん増える予定ですので、非効率なコミュニケーションコストが上がらないような組織体制をつくるべく尽力していきます。また、個人的に2018年はアウトプットが多い年だったので、2019年はインプットの時間を増やし、自身の技術的なレベルを上げれるようバランスを考えて業務を進めていきたいと考えてます。私が不要になってもいいくらいのチーム作りを目標とし、頑張ってまいります。

 

上長から一言

経営体制変更の影響で、新たに担うことになったエンジニアのマネジメントを踏ん張って頑張っています。また、新規サービスの開発をリードするとともに、エアポケットとなっていた全社の管理業務系の事象も積極的に巻き取り対応してくれています。最近では、開発業務だけではなく、アライアンス先との提携でも、制作指導や進行管理などのディレクションで力を発揮しており、今後もエンジニアの枠を超えての活躍を大いに期待しています。

山家 秀一(取締役 兼 株式会社テクロコ 代表取締役社長)

 

久保 貴裕(Takahiro Kubo)

株式会社グロウスギア

2015年春の創業時から実施していた人材紹介事業に加え、インターネット採用広告事業という新しい試みで、グロウスギアとしても、またソウルドアウトグループとしても大きな変革の年でした。私は年頭から営業として採用広告事業に携わっております。ソウルドアウトグループメンバーや、パートナー企業様のご協力を得ながら、顧客企業様の採用支援を行ってまいりました。まだまだ日本全国でご支援できていない企業は数多くあります。2019年もインターネット採用広告(Indeed)というサービスを広く知っていただき、採用支援はグロウスギア、そしてソウルドアウトグループに任せたい!と仰ってもらえるよう頑張ります。

 

上長から一言

2018年、本格的に開始した「インターネット採用広告事業」に自ら手を挙げ挑戦し、慣れない採用広告の営業をやる中でIndeedの新規のお取引社数拡大に大きく貢献。また、持ち前の人懐っこさからお客様の信頼も厚く、採用成功の声や企業紹介が跡を絶ちません。直近の新規お取引社数も圧倒的!2019年からIndeed公認パートナーランクが「シルバーパートナー」に昇格するのも、彼の力無くしては成し遂げられませんでした。今後もお客様の事業成長に真摯に向き合い、活躍してくれることを期待します!

細井 康平(株式会社グロウスギア 代表取締役)

マンスリージャーナル「SOUL of SoldOut」をご希望の方へ郵送でお届けします!

SOS▼お申込みはこちら
https://sold-out.co.jp/soulofsoldout/contact

公式Facebookにて最新情報を更新中!

https://www.facebook.com/SOLDOUTjp/
いいね!をしてフォローをしていただければ、ニュースや新しいコンテンツのお知らせが届きます。

パンくず