Our 8 SOULs~私が選んだ「8 SOULs」~(2)

その他
2019.02.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年、新しく生まれたバリュー「8 SOULs(エイトソウルズ)」。
社員35名でプロジェクトが立ち上がり、3か月以上をかけて作った私たちのバリュー。
ソウルドアウトが、一人ひとりの社員が、どうあるべきか、どうありたいかを真剣に話し合い生まれたものです。
今回は、自分が大切にしたいSOUL、お気に入りのSOULについて教えてもらいました!

▼バリュー「8 SOULs」
https://www.sold-out.co.jp/philosophy/value

▼Our 8 SOULs~私が選んだ「8 SOULs」~(1)
https://www.sold-out.co.jp/soulofsoldout/other/20190204

~私が選んだ「8 SOULs」~

堀川
堀川 工望(Kobo Horikawa)

私たちは誰も経験したことのない領域に挑戦していくベンチャー企業。日々変化するIT業界では、常に新しい情報を取り入れておかなければ、先駆者としての価値を発揮できません。様々な情報に触れながら、自分の考えを整理し、お客様の成果向上に繋げます!

 

君永
君永 義隆(Yoshitaka Kiminaga)

私自身、苦手なことや不得意なことにあえてチャレンジし、克服してきたことが今の自分の強みになっています。これまでの経験と持ち前の前向きさを生かし、どんな時でも"できる理由"をさがし、お客様の課題解決に真摯に向き合う姿勢を持ち続けます。

 

小越
小越 春紀(Haruki Kogoshi)

何のために仕事をしているのか見失わずに、目的意識を持って行動することこそ、お客様や会社、ひいては自分自身のためになると考えています。目の前の業務だけにとらわれず、その先にある目的を見据えて行動するよう心がけています。

 

高月
高月 裕太(Yuta Takatsuki)

どんな業務に取り組む時でも、プロフェッショナルとしての自覚を持ち、お客様や会社の仲間に、行動と実績で貢献していきます。そして、日々努力を積み重ね、実力を身につけ成果を出していきたい、という気持ちを忘れず精進いたします!

 

五味田
五味田 雄斗(Yuto Itsumida)

10月より『LISKUL』の基本方針を、「Webマーケターが経営者の右腕CMOになるために必要な情報を提供するメディア」と定めました。経営者の伴走者であるCMO、そしてCMOの伴走者を目指すLISKULの編集長として、精進いたします!

 

塩田
塩田 七海(Nanami Shiota)

お客様からの信頼を得るためには、誠実で真摯な対応が必要不可欠だと考えています。 また、お客様の成果に繋げるためには、知識をしっかりと習得し、自分の言葉でお客様に最適な提案をすることが、営業の私に一番必要だと感じています。

 

越後
越後 茜(Akane Echigo)

お客様のニーズを汲み取り、一緒に成果を上げていくことの楽しさ、難しさ、尊さを、営業としてお客様に向き合う中で日々痛感しています。 最前線に立っているという誇りを忘れず、お客様に寄り添いながら、これからも精進してまいります!

 

本田
本田 加梨奈(Karina Honda)

誰かのためになることが自分のモチベーションであり使命だと思っており、その誰かこそが「お客様」でした。代理店担当者と広告主担当者という立場ではなく、ともに成果を追う者として、常にお客様に向き合い伴走していきたいと考えています。

 

吉住
吉住 靖広(Yasuhiro Yoshizumi)

私は新規提案領域、かつ地方一人営業所躍進を推進していますが、対象エリアは企業数も少なく、広告代理で採算をとることは厳しいと捉えられがちです。ですが、自身のライフワークとして何とかできる理由をさがして、風穴を空けたいです!

 

笠倉
笠倉 健大郎(Kentaro Kasakura)

私は、新規のお客様からご発注をいただくための取り組みをしています。広報、LISKUL、営業、運用コンサルタントなど多くのチームが携わり、想いをバトンのように受け取っていきます。チームソウルドアウトで闘っていることを忘れずにいたいと思います。

 

関連コンテンツ

▼バリュー「8 SOULs」
https://www.sold-out.co.jp/philosophy/value

▼Our 8 SOULs~私が選んだ「8 SOULs」~(1)
https://www.sold-out.co.jp/soulofsoldout/other/20190204

パンくず