社長メッセージ

荻原猛

はじめに

荻原猛

当社のウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ソウルドアウト株式会社は、日本全国の中小・ベンチャー企業の売上向上に取り組む、Webマーケティング支援企業です。私たちは、中小・ベンチャー企業のネットビジネスの成功に貢献すべく、Webマーケティングの技術を妥協なく磨き、追求していきます。そもそも、企業はお客様の役に立っていると認められるからこそ対価を頂け、存在が許されます。故に、お客様の投資対効果に徹底的にこだわり、成果を出す事が我々の存在意義そのものだと考えています。

ソウルドアウト立ち上げの背景と想い

投資対効果にこだわる理由。その背景には、私の過去の体験があります。

私はかつて起業し、中小企業の経営に携わっていました。基本は足で稼ぐ営業主体の商売を行っていた一方で、ネット通販を立ち上げました。もちろん当時はWebマーケティングに関する知識は一切ありません。そんな状況にも拘わらず、ネット経由で商品が売れていく体験をしました。当時の私にとって、まさに革命でした。

知名度もない小さな会社でも、自社サイトを構え、消費者のデータを保持できる。加えて、リアルタイムに消費者の反応を数値化でき、投資対効果が読みやすい。今思えば、私にとって非常に価値のある、得難い経験でした。

但し、当時の私のWebマーケティング知識では、インターネットの特徴や利点を活かしきれませんでした。そして事業を拡大することなく、経済的にも精神的にもどん底に落ちてしまいました。「インターネットを最大限活用し、成果にこだわったマーケティングのノウハウを持っていれば、もっと事業が大きくなったはずだ。」その時感じた、後悔と希望が、その後の私の原動力となりました。

それから私は東京に戻り株式会社オプトに入社し、10年もの間、Webマーケティングの最前線に身を置き続けました。Webマーケティングの力で数多くの企業の飛躍をともに成し遂げる、そんな経験を積んできました。その一方で、中小・ベンチャー企業は、まだまだWebマーケティングを使いこなせているとは言い難い状況にありました。特に地方ではその傾向が顕著でした。知識がない、経験もない、どこから手を付けていいかもわからない。そんな中小・ベンチャー企業の経営者の皆さんが持つ課題を私は心底理解できました。

それであれば、その悩みを解決するのが私の使命なのではないか。オプトで培った10年間のノウハウもある。そして何よりも、事業に失敗し、経営者の孤独や苦しみを、私は知っている。こうして私はいつしか、「中小・ベンチャー企業の経営者と覚悟をともにし、挑戦により添いたい。」「Webマーケティングの力で、中小・ベンチャー企業のみなさまとともに成長し、ともに飛躍していきたい。」そう考えるようになりました。それが、ソウルドアウトを立ち上げた理由です。

だからこそ、我々は真剣にお客様の1円の積上げに向き合います。1円でも多くの投資対効果にこだわります。その一つ一つの小さな積み上げる姿勢こそが、お客様、そして我々ソウルドアウトの成長の源泉である、と考えています。

日本企業の製品やサービスを全国の皆様に、そして世界中の人々に届けたい。

私は日本に生まれ育ち、日本に誇りを持っています。そして何よりも、私は日本の潜在能力を信じています。素晴らしい製品やサービスを持つ企業が日本には多数存在します。その製品やサービスを日本全国の皆様に、そして世界中の人々に届けたい。地方発全国、日本発世界を支援したいのです。

中小・ベンチャー企業が覚悟を持って挑戦し、日本中でその潜在能力が解き放たれた時、この国はもっと豊かで幸せになれると信じています。その為に、私は志をともにする仲間や企業を巻き込んで、真摯に、誠実に事業に向き合います。

そして理念を実現させるために、
私たち自身も挑戦し続けていきたいと思います!

ソウルドアウト株式会社 代表取締役社長荻原 猛

荻原猛

ソウルドアウト株式会社 代表取締役社長荻原 猛(おぎわら たけし)

1973年生まれ おとめ座 A型 中央大学大学院戦略経営研究科修了 経営修士(マーケティング専攻)
大学卒業後、すぐに起業するも、あえなく失敗。失意の中、インターネットでモノを売る技術を身に付けたいと考え、2000年に株式会社オプトに入社。2006年に執行役員に就任。2009年にソウルドアウト株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。現在に至る。

荻原猛