パートナー企業6社の責任者が語る、”2018年の振り返りと2019年の展望”特集を公開

2018.12.21

地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:荻原猛、以下ソウルドアウト)は、パートナー企業6社の責任者が語る”2018年の振り返りと2019年の展望”特集をコーポレートサイトの「Web版SOUL of SoldOut」で公開しました。

Message from


■本記事について
目まぐるしいスピードで変化してきた2018年のインターネット広告市場。毎年右肩上がりの成長を続け、日本の広告費全体のおよそ4分の1をインターネット広告が占めるほどです。インターネット環境が進化しスマートフォンが普及したことにより、新しいサービスも増えてきました。
本特集ページでは、市場の成長をけん引してきたパートナー企業6社の責任者から、2018年の振り返りと2019年の展望を伺います。

■「Web版SOUL of SoldOut」とは
「SOUL of SoldOut」は、日本全国の中小・ベンチャー企業が秘めている潜在能力を開花させようと頑張っている人たちの様子、ヒントになるような情報、元気や勇気が湧くような情報を発信している自社発行の月刊ジャーナルです。社員だけではなく、社員のご家族、そして、日本全国に存在する志のある中小・ベンチャー企業の方々へお届けしています。「Web版SOUL of SoldOut」は月刊ジャーナル「SOUL of SoldOut」のWebサイト版です。

▼本記事についての詳細は以下をご参照ください。
「パートナー企業6社の責任者が語る2018年の振り返りと2019年の展望」
https://www.sold-out.co.jp/soulofsoldout/talk/20181221

ソウルドアウトグループは、日本全国の中小・ベンチャー企業の潜在能力を開花させていくために社員一同、顧客企業様の挑戦と成長に寄り添っていきます。

 

SOS<<マンスリージャーナル「SOUL of SoldOut」をご希望の方へ毎月郵送(無料)でお届けします!>>
▼お申込みはこちら
https://sold-out.co.jp/soulofsoldout/contact

ソウルドアウトとは

ソウルドアウトグループは、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開しています。全国21営業所を中心に、対面営業を重視する地域密着型で、地方中小企業の言葉にならない課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。Webを活用した事業のスタートアップからWebを活用する既存事業のアクセラレートまで、顧客の成長ステージに合わせた提案によって顧客企業の潜在能力を引き出し、それぞれの企業が自律自走できるまで寄り添いサポートします。

公式Facebookにて最新情報を更新中!
https://www.facebook.com/SOLDOUTjp/
いいね!をしてフォローをしていただければ、ニュースや新しいコンテンツのお知らせが届きます。

会社概要

■会社名:ソウルドアウト株式会社
■本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4龍名館本店ビル 4階・6階
■代表者:代表取締役社長 荻原猛
■Email:info@ml.sold-out.co.jp
■ホームページ:https://www.sold-out.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

ソウルドアウト株式会社 広報 畠中(はたなか)
TEL:050-1749-8000
Email:info@ml.sold-out.co.jp

パンくず

  • ホーム
  • ニュース
  • パートナー企業6社の責任者が語る、”2018年の振り返りと2019年の展望”特集を公開