ソウルドアウト、「Indeed Explore for Agency 2019 Summer」の表彰式典において「2019年上期 戦略商品賞 Featured Employer部門 第1位」を受賞しました。

2019.08.19

地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役会長CGO:荻原猛、以下ソウルドアウト)は、この度「Indeed Explore for Agency 2019 Summer」の表彰式典において「2019上期 戦略商品賞 Featured Employer部門 第1位」を受賞しました。

img

 

厚生労働省の発表によると、平成31年4月の有効求人倍率は1.63倍で、前年同月に比べ0.04%増加し、年々右肩上がりで上昇し続けています。一方、有効求職者は3.9%減少し、企業間での人材の取り合いが過熱、求職者の超売り手市場となっています。そうした状況の中、企業側が求めるスキルや価値観にフィットする人材を獲得することは、地方を含む全国の中小・ベンチャー企業において大きな経営課題となっています。
またスマートフォンの普及をきっかけに、求職者は、求人媒体に登録するのではなく、検索エンジンで直接求人情報を探し仕事を見つけており、その対応も企業側に迫られています。

こうした背景のもと、自社の運営するメディア(採用サイトやSNSページ)を軸に、求職者に対して直接メッセージを発信し、共感を喚起することで人材獲得につなげていく「オウンドメディアリクルーティング」が注目されております。自社メディアを通じて企業の「価値観」「魅力」を伝える情報を発信することにより、求職者側は、自分の価値観にあっているかどうかを判断することができ、企業側も求める人材像により近い採用活動が可能になります。

そこで当社は、企業の採用における課題を、ソウルドアウトで蓄積された運用型広告のノウハウを活かして、Indeedの広告運用を中心とした、採用マーケティングの支援組織を組成いたしました。その中で企業がメッセージを伝え、企業のブランド価値の向上を図れるコンテンツである「Featured Employer(注目の企業)」の提案、運用を続け、この度その功績が認められ、「2019上期 戦略商品賞 Featured Employer部門 第1位」を受賞することができました。

今後も、ソウルドアウトはIndeedを活用して、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業が、ダイレクトで求める人材を採用できるようになり、企業成長に欠かせない人材採用活動に機動力と効率をもたらすことを通じ、企業の成長支援を強化していきます。

 

ソウルドアウトとは

ソウルドアウトグループは、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開しています。全国21営業所を中心に、対面営業を重視する地域密着型で、中小、ベンチャー企業の言葉にならない課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。Webを活用した事業のスタートアップからWebを活用する既存事業のアクセラレートまで、顧客の成長ステージに合わせた提案によって顧客企業の潜在能力を引き出し、それぞれの企業が自律自走できるまで寄り添いサポートします。

会社概要

■会社名:ソウルドアウト株式会社
■本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4龍名館本店ビル 4階・6階
■代表者:代表取締役会長CGO 荻原猛
■Email:info@ml.sold-out.co.jp
■ホームページ:https://www.sold-out.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

ソウルドアウト株式会社
メディアテクノロジー本部 児島 智(こじま さとし)
TEL:050-1749-8000
Email:info@ml.sold-out.co.jp

パンくず

  • ホーム
  • ニュース
  • ソウルドアウト、「Indeed Explore for Agency 2019 Summer」の表彰式典において「2019年上期 戦略商品賞 Featured Employer部門 第1位」を受賞しました。