新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する、当社およびグループ会社の段階的な勤務体制の変更に伴う対応方針の一部変更について

2020.05.26

 地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HR、メディア制作・運営の領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役会長CGO:荻原猛、以下ソウルドアウト)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する対応として、すでに代表取締役を本部長とした対策本部を設置し、社内外への感染被害抑止と当社グループ会社に勤務する従業員および顧客企業様・パートナー企業様の方々の安全・健康確保を最優先に対策を講じてまいりました。
 政府が47都道府県すべてにおいて緊急事態宣言を解除したことを受け、当社および当社グループ会社における対応方針を、6月1日(月)より一部変更いたします。当社では、新型コロナウイルス感染症の「第2波」に備え、社内外への感染拡大防止と、当社および当社グループ会社に勤務するグループ全従業員、および、顧客企業様・パートナー企業様をはじめとする関係者の皆様の安全・健康確保を最優先に、引き続き対策を講じてまいります。


【対応方針の概要】

1.勤務形態や打ち合わせ等の実施について

  • 社員の出社を原則週1回とします。(週2回以上出社の際は、上長の承認を必要とします。)
    なお、ラッシュ時を避けた時差出勤を推奨し、部署間における出勤曜日調整を行い、三密(密閉・密集・密接)の状態を避けます。
  • 緊急の事案を除き、打ち合わせはオンラインで実施することを推奨します。
  • 顧客企業様およびパートナー企業様の事情に応じて、本部長の承認の下、対面での会議を実施することも可能とします。
  • 原則、社員の国内外への出張を禁止します。(国内出張については対策本部長の承認の下、可能とします。)
  • 社外で開催される50名以上が集まるイベントやセミナー等への従業員の参加を禁止します。

2.当社が主催するイベントやセミナーについて    

  • すべてのイベントやセミナーを延期、もしくは、オンラインで実施することを推奨します。
  • 採用の説明会は、すべてオンラインで実施します。
  • 採用面接は候補者へご案内の上、すべてオンラインで実施します。

3.その他

  • 外出時におけるマスクの着用を強く推奨します。        
  • 小まめな手洗い・うがいを強く推奨します。        
  • 風邪症状(咳や37.5℃以上の発熱等の諸症状)がある社員には自宅待機を指示します。
  • 家族等、社員の身近に感染者または濃厚接触者と認定された方がいる場合は、その旨を会社に報告させ、感染の疑いがある場合は自宅待機を指示します。
  • 公私ともにオフラインの食事・会食・イベントや集会への参加を控えることを推奨します。(参加の場合は、三密を避けるなど、感染予防を徹底することを強く推奨します。)
  • プライベートでの海外旅行は控え、国内についても不要不急の外出は控えるよう推奨します。また、外出する際はマスクの着用・三密を避けるなど、感染予防を徹底することを強く推奨します。


※本方針は6月30日までとし、状況に応じて7月1日より通常勤務体制とする予定です。また、2020年6月1日より「フルフレックスタイム制度」および、2020年7月1日より上限日数を定めない「フルリモートワーク制度」の導入が決定しております。詳しくはこちらをご参照ください。

※なお、5月31日(日)までは、従業員の原則出社禁止をはじめ、現在の対応方針に準じてまいります。
 

当社およびグループ会社では、今後も社内外への感染被害抑止と従業員や顧客企業様、パートナー企業様の安全・健康確保を最優先に、政府での発生段階区分に合わせた行動計画に基づき、全社の対応方針を迅速に決定してまいります。
関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上
 

パンくず

  • ホーム
  • ニュース
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する、当社およびグループ会社の段階的な勤務体制の変更に伴う対応方針の一部変更について