広告会社支援SaaS『ATOM』が 広告運用自動化ツール『Shirofune』と業務提携。広告会社の業務改善を支援し、お客様と向き合う時間を増やすための新たな価値提供を目指す

2021.08.05

 ソウルドアウト株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役会長CGO:荻原 猛)の連結子会社であり、広告会社支援SaaS『ATOM』を運営するSO Technologies株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:山家 秀一、以下 SOT)は、Web広告運用のさらなる業務効率化を目的に、独自のアルゴリズムを搭載した広告運用自動化ツール『Shirofune』を提供する株式会社Shirofune(本社:東京都中央区、代表:菊池 満長、以下Shirofune社)と業務提携を結びました。これにより、広告会社のレポート・進捗管理に関する課題解決のみでなく、広告運用の自動化領域の業務効率化までご提供することが可能となります。

img

Shirofune社との業務提携に至った背景

 コロナ禍においてもWeb広告業界は成長を続け、2020年は前年比105.9%となる2.2兆円規模の市場となっています。(※1)需要が高まる一方、広告会社の業務過多はかねてより問題視されています。要因のひとつとして、広告運用業務のうちオペレーション業務の工数負荷が大きいことが挙げられます。オペレーション業務は、請け負っている広告予算の大小にかかわらず一定の工数が発生してしまうため、広告会社が予算の少ない企業を支援しづらい構造となっている一因でもあります。

 SOTは『ATOM』による「レポーティング」を中心とした運用業務の自動化を通じて、広告会社の業務工数課題の解決をご支援してまいりました。しかしながら、SOTのミッションである「稼ぐ力をこの国のすみずみまで。」の通り、日本中の企業にデジタルマーケティングを届けるためには、広告会社が、成果に繋げるための重要な業務に向き合う時間を増やすことのできる、新たな価値を提供していく必要があると考えています。新たな価値を迅速に、着実にご提供していくためには、『ATOM』の機能開発を推進するのみでなく、様々なWeb広告関連サービスの提供企業と手を取り合い、ともに広告会社の課題解決に臨むことが必要と判断し、この構想にいたりました。

 このたび、広告会社の抱える業務課題を解決していく第一弾のパートナーとして、広告運用自動化ツール『Shirofune』を提供するShirofune社と業務提携を結びました。独自のアルゴリズムに基づく自動入札、日予算調整の自動化など運用領域の自動化に強みを持つ『Shirofune』と、日々の進捗管理やレポーティング領域に特化した『ATOM』が協業することにより、さらに幅広いWeb広告運用の業務効率化をご提案することが可能となります。また、今回の業務提携を記念し、『ATOM』を経由して『Shirofune』をご導入いただいた広告会社向けに、独自の特典をご用意しております。

 『ATOM』は、今後も広告会社の業務課題を解決する機能開発を進めるとともに、パートナー企業との提携を推進し、Web広告の一元管理による運用工数削減と売上拡大をご支援してまいります。SOTは、“稼ぐ力”を日本全国に広げていくため、テクノロジーを駆使したプラットフォームの開発・提供を通じて、企業様の集客課題の解決に努めてまいります。

※1 株式会社 電通「2020年 日本の広告費」より引用:https://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/0225-010340.html
 

■各社コメント

株式会社Shirofune 代表 菊池 満長 氏
本提携の是非を問う議論の中で、「稼ぐ力をこの国のすみずみまで。」というSO Technologies社のミッションステートメントに沿った際にどうすべきなのか、という視点で協議できたことが非常に印象的でした。この国にとって非常に重要なミッションだと思っておりますので、Shirofuneとしてもその実現に力を尽くせればと思っています。

SO Technologies株式会社 執行役員 和田 広大
Web広告を取り扱う広告会社をより深くご支援していくにあたり、志をともにできる強力なパートナーを得ました。ATOMとShirofuneは、既に複数の広告会社で併用されており、相互に補完的な関係であると確信しています。そして今後よりその関係を強化できることを楽しみにしています。
また、今後もATOMは広告会社支援SaaSとして、自社開発と並行して様々な提携を進めてまいります。
 

■広告運用自動化ツール『Shirofune』のご紹介

 『Shirofune』は、広告運用の定型業務の自動化と広告成果の改善の両方を実現することができるクラウドツールです。利用実績は7,000アカウント以上。大手広告代理店から中小代理店、そして大手広告主から地方中小広告主まで幅広く利用されています。

『Shirofune』の利用により、実現できることは主に3点です。
①運用管理業務やレポーティング業務など、広告運用の各種オペレーション業務を自動化。
 最大92%、月間作業工数の削減を実現
②プロの運用技術をシステム化。経験の浅いメンバーでも安定して高い広告成果を実現
③日本唯一!主要な広告媒体の新規配信設定から、複数媒体を横断した一括管理、運用改善
 施策の実行までトータルの運用自動化に対応

ツール利用料は月額広告費×5%(税別・最低利用価格有り)で、月10万円(税別)で選任担当による導入サポート付きのプランや、パーソルP&T社と協業の運用内製化体制立ち上げ支援プランなど、様々な導入プランをご提供。月額広告費500万円以上の場合は、ボリュームディスカウントプランもご案内可能です。
詳しくは『Shirofune』サービスサイト https://shirofune.com/ をご覧ください
 

■広告会社支援SaaS『ATOM』のご紹介

 『ATOM』は、リスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告、DSP等の運用型広告の運用管理に必要な各種機能を搭載し、「レポート」「進捗管理」などの広告運用業務を自動化できるSaaSです。 『ATOM』を活用することで、運用工数の削減と売上拡大を実現することが可能です。累計約450社以上の広告会社にご利用いただいています。

『ATOM』サービスサイト:https://www.atom.tools/


※ATOMは、SO Technologies株式会社の商標または登録商標です。
※Shirofuneは、株式会社Shirofuneの商標または登録商標です。

SO Technologiesとは
SO Technologiesは、「“稼ぐ力”をこの国のすみずみまで。」をミッションに掲げ、「日本中、どこでも、だれでも、カンタンに、その情熱を稼ぐ力に変えるデジタル集客プラットフォームを創る。」のビジョンに向かい、マーケティングテクノロジーを開発・提供をしています。
提供サービスは店舗集客支援サービス『ライクル』、広告レポート自動化ツール『ATOM』、ネット広告事業を加速させる総合支援サービス『AG-Boost』、広告運用代行サービス『CUSTA』、Webマーケティングのノウハウメディア『LISKUL』など。

SO Technologies株式会社 概要
会社名:SO Technologies株式会社
東京本社:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19F
沖縄オフィス:〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-10-25 プロト宜野湾ビル3F
代表者:代表取締役 山家 秀一
設立:2013年4月2日(社名変更:2019年7月1日)
HP:https://www.so-tech.co.jp
 

パンくず

  • ホーム
  • ニュース
  • 広告会社支援SaaS『ATOM』が 広告運用自動化ツール『Shirofune』と業務提携。広告会社の業務改善を支援し、お客様と向き合う時間を増やすための新たな価値提供を目指す